ジェントル・レーズ

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

医療用のレーザー脱毛器「ジェントル・レーズ」には様々な特徴があります。代表的なものを挙げてみましょう。

まずは「アレキサンドライトレーザー」についてご説明致します。それは「ジェントル・レーズ」が照射できるレーザーの種類のことを言います。こちらは波長が他のレーザーに比べると短めで波長755nmです。実は、この短さが肌にとって良いのです。なぜならば、トラブルを回避出来るのです。つまり、波長がこのように短いとレーザーの届く位置が浅くなり、「毛嚢炎」等のトラブルを起こしにくくします。「ジェントル・レーズ」の施術は、この「アレキサンドライトレーザー」を毛根に向けて照射させて、瞬間的な高熱発生により、黒いメラニン色素が存在する毛乳頭や毛母細胞を破壊させるといったものです。(参考HP・・・大阪MAME|レーザー脱毛)

「ジェントル・レーズ」は照射前に冷却ガスを噴射しますから、肌温度を下げ、冷却効果によってお肌の負担を減らしているのです。そういった冷却ガスの効果で、肌の表面は守られ、優しい照射が繰り返されることになり、結果的にはレーザーによる肌のトラブルは避けられます。こういった肌のダメージ回避といったことも、支持率の高い要因かもしれません。こうした特徴を踏まえて「ジェントル・レーズ」をうまく活用した気持ちの良い施術を受けましょう。